港と漁船

最近アカモク(ぎばさ)という海藻が健康にいいと話題になっているのをご存知でしょうか。
私もつい最近アカモクのことを知ったんですよね。
最初はアカモクって木の実なんかなーと思っていたのですが海藻のようですね。
海藻であればいろいろな食べ方ができるので食事にも取り入れやすいと思います。
ただ、近所のスーパーなんかであまりアカモクって見たことがないような気がします。


スポンサーリンク

アカモクは美容や健康にいいと言われています。
雑誌やテレビなんかでも最近はアカモクが紹介されることが多くなりました。
アカモク(ぎばさ)の通販に乾燥したやつもあるのか調べてみました。
アカモクは玄界灘の福岡産が人気のようです。
岩手のアカモクも人気があるようで東北の人は食べている人も多いようです。

 

アカモク(ぎばさ)の通販に乾燥もある?

パソコンとタブレットを操作する人

アカモクって最初名前を聞いた時はなんだろうって思いましたよね。
健康や美容にいいとされる食べ物って木の実とかが多いのなと思います。
アカモクも木の実なのかと思ったのですが海藻だったんです。

 

アカモクという名前が一般的ですが地域によって呼び方が変わってきます。
秋田だとぎばさと呼ばれ、山形では銀葉草(ぎんばそう)、新潟では長藻(ながも)と呼ばれているようです。
どれもアカモクのことを指しているようです。

 

アカモクは美容や健康にいいと言われているので積極的に取り入れたいですね。
海藻ということで使い方もいろいろできるので食事に取り入れやすいと思います。
アカモクは内臓脂肪を減らすのにもいいとされていますからね。

 

アカモクは結構日本のどこにでも分布しているようです。
そのため全国でアカモクは食べれているんですよね。
しかし私はアカモクの存在を知りませんでした。

 

近くのスーパーでアカモクが売っているところを見たことがありません。
もしかするとこれまでアカモクの存在自体を知らなかったので見過ごしていた可能性も十分あります。
アカモクという名前ではなくぎばさとして売られていて気が付かなかったかもしれません。

 

スーパーでアカモクが売っていれば気軽に買うことができますね。
しかしもし近くのスーパーにアカモクが売っていなかったとなるとなんか悔しいですよね。
せっかく体にいいものを取ろうとしているのに買うことができないんですもん。

 

そこでアカモク(ぎばさ)が通販で売っていないか調べてみました。
やはり通販って便利ですからね。
通販なら買物に行ってアカモクを探す手間がかからないですし時間の節約にもなります。

 

通販でアカモクを探してみたのですがやはり売っていました。
通販なら種類も豊富なので自分にあったアカモクを購入できそうです。
スーパーにアカモクが売っていたとしても通販のようにいろいろな種類は置いていないでしょうからね。

 

以下がアカモクの通販になります。

 

アカモクは通販でも購入することができます。
本当に便利な世の中になったなと改めて思いますね。

 

アカモクの通販を見ていて思ったのですが生のアカモクと乾燥のアカモクがありました。
生か乾燥かはそれぞれの好みで購入するのがいいと思います。
個人的には乾燥のアカモクの方が便利なのかなとも思います。

 

生と乾燥を比べると日持ちの面ではやはり乾燥のアカモクの方がいいでしょう。
毎日アカモクを食べるつもりでも家で食事をしない日もあるでしょうしね。
今日はアカモクを食べるのは控えようかなと思う時も出てくるんじゃないかなと思います。

 

生のアカモクだと乾燥に比べると日持ちもしないでしょう。
賞味期限内に全部食べられるか不安な場合は乾燥のアカモクを購入した方がいいと思います。
私もちょこちょこと食べたいのでどちらかというと乾燥のアカモクを購入したいです。

 

通販で乾燥のアカモクもあるのかというと当然あります。
アカモクの通販で乾燥の商品は以下です。

 

乾燥のアカモクでも戻せば美味しく食べることができそうですもんね。
個人的には乾燥のアカモクの方が便利なのかなと思います。
アカモクを乾燥にするか生にするかは好みとか状況次第かもしれません。

 


スポンサーリンク

アカモクは玄界灘の福岡産が人気

海辺のボート

アカモクは日本全国で取られているようです。
日本だけでなく朝鮮半島や中国やベトナムなんかでも取れるみたいですね。
しかし外国のアカモクよりも国産のアカモクの方がなんとなく安心できますよね。

 

アカモクは日本全国で取られていますが人気の収穫地があるようです。
アカモクは玄界灘の福岡産がかなり人気みたいですね。

 

玄界灘は荒波というイメージがありますよね。
やはりアカモクも玄界灘のような環境のほうが育ちがよかったりするのでしょうか。
玄界灘は世界有数の漁場としても知られていますからね。

 

玄界灘の福岡産のアカモクも通販で購入できるのか調べてみました。
調べてみた結果、やはり玄界灘の福岡産のアカモクも通販で購入できるようです。
しかし種類はほとんどありませんでした。

 

やはり玄界灘の福岡産のアカモクは貴重なのでしょうか。
現時点では玄界灘のアカモクの種類は少ないです。
もしかするとそこまで玄界灘ではアカモクが大量に取れるということでもないのかもしれませんね。

 

アカモクは岩手などの東北でもよく食べられている

三陸の海

アカモクは日本全国で取ることができるのですが岩手などの東北のアカモクも有名なようです。
東北の人はアカモクを食べいるとメディアで紹介されることもあります。
やはり東北も海鮮は有名ですからね。

 

岩手の三陸産のアカモクもあります。
三陸沖も海流が複雑なのでアカモクが育つにはいい場所なのかもしれませんね。
岩手で取れたアカモクは歯ごたえのよさと粘りの強さが人気のようです。

 

 

岩手の三陸産のアカモクを見ていたらお茶漬けもあるんですね。
アカモクをどのように食事に取り入れるのか考える必要もなくなるということです。
お茶漬けならサラサラ~とご飯と一緒に食べることができますね。
一緒に入っている魚の種類もいくつかあるようです。

 

三陸というと他にも海鮮が有名です。
海宝丼とかもありますよね。
海宝丼にアカモクを乗せて食べても美味しいかもしれません。

 

アカモクは美容や健康にもいいとされています。
東北の人って肌が綺麗なイメージがありますよね。
アカモクは東北の一般家庭でも普通に食べれているようなのでもしかすると美肌はアカモクが関係している可能性もありますね。

 

まとめ

アカモク(ぎばさ)の通販には乾燥もあります。
生のアカモクにするか乾燥のアカモクにするかはそれぞれかなと思います。
賞味期限などを気になるのなら乾燥のアカモクを通販で購入するのがいいでしょう。

 

アカモクは玄界灘の福岡産が人気のようです。
確かに玄界灘って荒れた海っていう感じがしますもんね。
そんな荒波の中で育ったアカモクは他の場所のアカモクとはちょっと違うのかもしれません。

 

アカモクは岩手や東北でも人気で一般家庭でもよく食べられているようです。
岩手の三陸産のアカモクも通販で購入できます。
もしかすると東北の人の肌が綺麗なのはアカモクを食べているからでしょうか。

 

私もまだアカモクを食べたことがないんですよね。
スーパーなどでアカモクを自分で買った記憶がありません。
通販ならいろいろな種類のアカモクがあるので選んで買って食べてみようと思います。


スポンサーリンク