マックシェイクのバニラとチョコとストロベリー

マクドナルドのマックシェイクって昔から好きなんですよね。
1年中ついつい飲んでしまいますが特に暑い季節になるとマックシェイクが飲みたくなります。
マクドナルド店内で飲むのもいいのですが散歩をしながら歩きマックシェイクもいいものです。
季節限定のマックシェイクも結構販売されたりしますよね。
個人的に好きなのはチョコ味のマックシェイクです。


スポンサーリンク

そんなマックシェイクで気になるのがカロリーですよね。
アイスと同じような感覚なのでマックシェイクもカロリーは高そうに思います。
あまりカロリーが高過ぎるとちょっと控えようかなとも思いますよね。
ダイエット期間中なんかは特にカロリーを気にします。

 

マックシェイクのカロリーはSとMでどのぐらいなのでしょうか。
ストロベリーとチョコレートとバニラのマックシェイクのカロリーを調査しました。
マックシェイクのSとMのコスパや日本とアメリカの違いについても紹介します。

 

マックシェイクのストロベリーとチョコとバニラのカロリー

スプーンに盛った砂糖

マクドナルトのマックシェイクは美味しいけど気になるのはカロリーですよね。
あまりにもカロリーが高いとちょっと控えようかなと思ってしまいます。
事前にカロリーを知っておくのと知らないのとでは違いますよね。

 

早速マックシェイクのカロリーを紹介します。
マックシェイクのSとMのストロベリーとチョコとバニラのカロリーは以下です。

 

Sサイズのカロリー Mサイズのカロリー
マックシェイクバニラ 205Kcal 321Kcal
マックシェイクチョコレート 211Kcal 329Kcal
マックシェイクストロベリー 210Kcal 329Kcal

 

マックシェイクのカロリーは以上のような結果となりました。
やはりマックシェイクのカロリーは低くないですね。
甘いですししかたのないことでしょう。

 

ストロベリーとチョコとバニラではバニラのマックシェイクが一番カロリーが低いです。
とはいえストロベリーとチョコとそれほどカロリーの差はありませんね。
マックシェイクのカロリーは低いとは言えませんが驚くほどの高いカロリーとも言えないでしょう。

 

1日の成人の平均的な摂取カロリーは1700Kcalから2000Kcalです。
ダイエット中でも1300Kcalから1600Kcalと言われています。
少し他の物を減らしてマックシェイクをいただくのもいいでしょう。

 

マックシェイクを飲むのであればある程度のカロリーは覚悟する必要があります。
ですがそこまで気にしすぎるほどのカロリーでもないかなという気もします。
ダイエットをしている人は別ですがしていない人は特にマックシェイクのカロリーは気にする必要はないと思います。

 

マックシェイクを飲んだ日には運動を頑張るというのもいいですね。
食べたいものを我慢しすぎるのも精神的に良くありません。
毎日マックシェイクを飲むのはさすがにおすすめできません。
しかしちょっと甘いものが摂りたいという場合にはいいかもしれません。

 


スポンサーリンク

マックシェイクのSとMのコスパ

積み上げられた金貨に肘をかける人

マックシェイクのSサイズとMサイズではコスパはどうなのでしょうか。
通常は大きいサイズの方がコスパがいいのではと思いますよね。
そこでマックシェイクのSサイズとMサイズでコスパを考えてみます。

 

まずマックシェイクのSとMではサイズが違うので容量が違うのは当然です。

  • マックシェイクS:184グラム
  • マックシェイクM:295グラム

 

次にマックシェイクのSとMの値段はどうかというと以下です。

  • マックシェイクS:120円
  • マックシェイクM:200円

 

容量と値段からコスパを考えるならマックシェイクのSとMではどちらがいいのでしょうか。

  • マックシェイクS:1グラムあたり約0.65円
  • マックシェイクM:1グラムあたり約0.68円

 

ということでマックシェイクのSとMでは僅かにSサイズの方がコスパがいいんです。
これは意外な結果となりました。
大きいサイズの方がお得な値段なのかなと思いがちですよね。

 

しかしマックシェイクに限ってはそうではありません。
マックシェイクはMよりSの方がコスパがいいという結果になりました。
とはいえ僅かな差ですけどね。

 

この程度の差であれば自分が飲みたい方のサイズでいいでしょう。
結構Sサイズってすぐに飲み終わってしまう印象もあります。
Sサイズ2個はいらないけど満足したいという場合はMサイズのマックシェイクを注文するのがいいですね。

 

日本とアメリカのマックシェイクの違い

アメリカの黄色いタクシー

日本のマクドナルトのマックシェイクのサイズはSとMの2種類です。
マックシェイクをもっと飲みたい人はLサイズがあった方がいいと思うかもしれません。
あまり頼む人もいないだろうという理由で現在はないのでしょう。

 

私は正直もっとマックシェイクを飲みたいときもありますけどね。
Sサイズを注文して飲んでみると結構少ないと感じることもあります。
その時はもう1つSサイズを注文することもありますからね。

 

ただしLサイズというと大きすぎる感じもします。
Sサイズ2つ飲むとだいたいLサイズと同じぐらいになります。
そう考えるとLサイズのマックシェイクを飲む人も結構いるのではと思いますね。

 

日本にはありませんがアメリカのマックにはLサイズのマックシェイクがあります。
しかも私達日本人が思い浮かべるLサイズよりも大きいサイズです。
500mlのペットボトルよりも巨大ですからね。

 

アメリカのマックシェイクのLサイズの容量は888mlです。
Lサイズのマックシェイクのカロリーは1110キロカロリーにもなります。
カロリー高すぎでしょ。
さすがにでかすぎるといった感じです。

 

やはりカロリーを見るとアメリカのマックシェイクはすごいですね。
通常の成人の摂取カロリーの半分にもなりますからね。
ハンバーガーとポテトを一緒に注文すると1食で1日分のカロリーを摂取するということにもなりかねません。

 

通常のドリンクで考えてもアメリカのMサイズは日本のLサイズより大きいです。
そう考えるとある程度大きさがわかりますね。
さらにその上のLサイズのマックシェイクの恐ろしさが!

 

さらに日本とアメリカのマックシェイクには違いがあります。
まず甘さはアメリカのマックシェイクの方が圧倒的にあります。
日本人は慣れるまで甘すぎると感じるでしょう。

 

そしてアメリカのマックシェイクにはホイップクリームが乗っています。
ホイップクリームがあるのとないのとでは味もカロリーもかなり違いますからね。
ホイップクリーム有りのアメリカのマックシェイクの方が美味しいと感じる人も多いです。

 

日本でもホイップクリーム付きのマックシェイクにしてほしいですね。
むしろ選ばせてくれたらいいのにとも思いますね。
選択の幅が広がるのでいまよりもさらに人気になりそうですけどね。

 

まとめ

マックシェイクのカロリーについてでした。
マックシェイクのSとMのストロベリーとチョコレートとバニラのカロリーについて紹介しました。
マックシェイクのカロリーを見てみるとそれほど低くはないですがものすごい高いという感じでもないですね。

 

マックシェイクのSサイズとMサイズのコスパについても紹介しました。
以外にもマックシェイクはSの方がコスパがいいです。
しかし僅かな差しかないのでそこまで気にする必要もないでしょう。

 

日本とアメリカのマックシェイクの違いについても紹介しました。
いろいろと違うところがあるのですがマックシェイクの味自体が違います。
アメリカではホイップクリームも乗っていますしね。

 

マックシェイクは1年中美味しいですからね。
私もついついマックシェイクのチョコレート味を買ってしまいます。
期間限定のマックシェイクもついつい飲んでみたくなるんですよね。

 

シェイク系はマクドナルドのマックシェイクだけでなく他のファストフード店でもありますよね。
飲み比べてみるのもいいかもしれないですね。


スポンサーリンク