メリケンパークのツリーの場所!その後どうなる?点灯時間や期間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスツリーとオーナメント

神戸のメリケンパークに世界一のクリスマスツリーが登場しました。
2017年12月2日には点灯式が開催されました。
メリケンパークのツリーは世界一ということでライトアップがものすごいことになっています。
メリケンパークのツリーの点灯式には歌手の槇原敬之さんも参加していましたね。
神戸に新しい冬の観光名所ができたんじゃないかなと思います。


スポンサーリンク

メリケンパークは元々観光地として人気の場所ですよね。
神戸ではルミナリエがありますし冬の楽しみがいくつもありますね。
メリケンパークのツリーの場所はどこなのでしょうか。
メリケンパークのツリーはその後どうなるのかも気になるところです。
メリケンパークのツリーの点灯時間や期間なんかも紹介しますね。

 

メリケンパークのツリーの場所

神戸メリケンパークの夜景

神戸でものすごいことが起きていますね。
神戸のメリケンパークにツリーが登場しました。
それもかなり巨大なクリスマスツリーです。

 

2017年12月2日に点灯式があったのですが見学しに来た人もかなり多かったようです。
世界一のツリーを目指すというのが目標ですからね。
メリケンパークのツリーには大きな注目が集まっています。

 

 

メリケンパークのツリーを企画したのは「そら植物園」の代表である西畠清順さんです。
ものすごいことを考えましたね。

 

メリケンパークのツリーのなにが世界一なのか気になると思います。
まずはメリケンパークのツリーで世界一の高さのクリスマスツリーを目指しています。
メリケンパークのツリーの高さは約30メートルとなっています。

 

巨大なクリスマスツリーというとニューヨークのロックフェラーセンターに作られるクリスマスツリーですよね。
ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの高さは21メートルから30メートルです。
年によってクリスマスツリーの高さが変わってきます。
メリケンパークのツリーでロックフェラーセンターのクリスマスツリーの高さを越えようという試みです。

 

メリケンパークのツリーではもう1つ世界一を目指しています。
メリケンパークのツリーでオーナメントの数の世界一を目指しているんですよね。
オーナメントに関しては誰でも参加することができます。

 

メリケンパークのツリーは高さとオーナメントの数でギネス世界新記録に挑戦します。
なんだかかなりすごいことになっていますよね。

 

メリケンパークのツリーの場所が気になりますね。
メリケンパークといっても敷地は広いですからね。
どこにあるのかわからないと迷ってしまうこともあると思います。

 

そこでメリケンパークのツリーの場所を調べてみました。
メリケンパークのツリーの場所やアクセスは以下です。

 

場所:神戸メリケンパーク
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2-2
アクセス:(電車)JR・阪神「元町」駅下車、徒歩約15分
     (車)阪神高速3号神戸線「京橋」I.Cから約5分
地図:

 

メリケンパークのツリーの場所ですが神戸メリケンパーク内になります。
メリケンパーク内の中でも海沿いの場所にツリーが設置されています。
ツリーと神戸ポートタワーが並んでいる感じですね。

 

メリケンパークに行ったけどツリーの場所がわからないということはないんじゃないかなと思います。
メリケンパークのツリーは約30メートルと巨大ですからね。
神戸ポートタワーと並んでも迫力ある大きさとなっています。

 

迷わずツリーの方に行きたいという場合はメリケンパークに入る入口は旧居留地からがいいでしょう。
旧居留地からメリケンパークに入ると真正面にツリーがあるんですよね。
道の真正面にツリーがあるので場所がわからないということはありません。

 

メリケンパークの最寄り駅は元町駅になります。
少し距離はありますが神戸駅や三宮駅からも歩いていくことができます。
運動がてら歩いてみるのもいいかもしれませんね。

 


スポンサーリンク

メリケンパークのツリーのその後はどうなる?

森の木々

メリケンパークのツリーの点灯式が終わってこれから本番ですね。
かなり大きなツリーなのでライトアップも大迫力で見ものです。
世界一を目指すという言葉通りなんじゃないかなと思います。

 

気になるのがメリケンパークのツリーのその後です。
メリケンパークのツリーは期間限定なんですよね。
期間が終わったらメリケンパークのツリーのその後はどうなってしまうのでしょうか。

 

メリケンパークのツリーは約30メートルもあります。
この高さまで気が成長するにはかなりの時間がかかるんですよね。
メリケンパークのツリーの樹齢は150年程度ではとも言われているんです。

 

実はメリケンパークのツリーの企画に約9000人の人が反対し中止を求め署名しました。
やはり木にも命がありますからね。
中止をするよう署名をした人もかなりの人数いたということになります。

 

メリケンパークのツリーのその後ですが一時期は木を加工し腕輪を作る案がありました。
値段は1つ3800円で販売するというものです。
しかしメリケンパークのツリーで作る腕輪の販売については批判も多く白紙になっています。

 

現時点ではメリケンパークのツリーのその後は伐採され一部を神戸市にある生田神社の境内にある社の鳥居として奉納するとしています。
つまり材木にするということですね。
ただ一部ということなのでメリケンパークのツリーの全てが鳥居として奉納されるわけではなさそうです。

 

ちなみにロックフェラーセンターのツリーのその後は伐採されて木材として使われるようです。
家を立てるときにツリーを使ったりするみたいなんですよね。

 

となるとメリケンパークのツリーのその後も伐採されて木材になるということかもしれません。
ちょっともったいないかなーと思いますがどうなのでしょうか。

 

メリケンパークのツリーは根っこごと持ってきています。
木が長持ちするようにと施工するときに固定しやすいためです。
根っこがあるということはイベントが終わった後に他の場所に移して生かすということはできないのでしょうか。
30メートルもの木なので木材にしてしまうのももったいない気がしますよね。

 

メリケンパークのツリーのその後については現時点ではハッキリしたことはわかっていません。
以前からメリケンパークのツリーのその後についてネット上でもいろいろと議論が交わされています。
可能な限り有効活用してほしいですね。

 

メリケンパークのツリーの点灯時間や期間は?

光のクリスマスツリー

メリケンパークのツリーの点灯時間や期間が気になりますよね。
メリケンパークのツリーはいまのところ2017年の1度きりのようです。
できれば綺麗にライトアップされたメリケンパークのツリーを見たいものです。

 

そこでメリケンパークのツリーの点灯時間や期間を調べてみました。
以下がメリケンパークのツリーの点灯時間と期間です。

 

  • 期間:2017年12月2日から12月26日
  • 点灯時間:17時30分から24時

 

メリケンパークのツリーの期間は12月26日までとなっています。
1ヶ月弱という感じですね。
クリスマスの翌日までメリケンパークのツリーは点灯するということになります。

 

メリケンパークのツリーの点灯時間は17時30分から24時までです。
24時まで点灯時間があるというのはありがたいですね。
遅めの時間に行ってもメリケンパークのツリーは点灯しています。

 

やはりメリケンパークのツリーを見に行くなら夜かなと思います。
昼間も大きくて立派な木なので迫力はあります。
しかしライトアップしたツリーを見たいですもんね。

 

メリケンパークのツリーは期間中に1ヶ月弱で来場者数100万人を目標としています。
2017年の神戸ルミナリエが開催している期間はメリケンパークのツリーに訪れる人も多いでしょうね。
ものすごい混雑になる可能性もあるので注意ですね。

 

メリケンパークのツリーのライトアップの混雑を避けるならルミナリエの期間中は避けたほうがいいかもしれません。
できるだけ遅い時間に行くと人も少なくていいんじゃないかなと思います。

 

まとめ

メリケンパークのツリーの場所についてでした。
メリケンパークのツリーの場所はメリケンパーク内の海沿いになります。
ツリーが巨大なので場所に迷うということはないんじゃないかなと思います。

 

メリケンパークのツリーのその後についても紹介しました。
現時点ではメリケンパークのツリーのその後はハッキリとは公表されていません。
一部を生田神社に奉納するとの情報があります。
期間が終わったら伐採されて木材に使われるのかもしれませんね。

 

メリケンパークのツリーの点灯時間や期間についても記載しました。
個人的にはメリケンパークのツリーの点灯時間が24時までとなっているのはいいなと思います。
ただし神戸ルミナリエが開催されている期間中はメリケンパークのツリーを訪れる人も多くなりそうですね。
混雑を避けるなら神戸ルミナリエの期間中はメリケンパークのツリーのライトアップを見に行くのは避けたほうがいいかもしれません。

 

メリケンパークのツリーを見に行ってみてはいかがでしょうか。
世界一を目指すツリーですからね。
もしかするとメリケンパークのツリーがギネス記録に掲載されるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。